多田葉子の公式サイト

プチだおん 最新ニュース

10年ぶりの新譜「夜明けの行進」2月28日発売!

詳しくはこちら

プチだおん


中尾勘二(ソプラノサックス、クラリネット、トロンボーン)
多田葉子(アルトサックス、バスクラリネット、歌)
関島岳郎(テューバ、リコーダー)

プチだおんプロフィール

2000年代初め頃、梅津和時BETSUNI NANMO KLEZMERのメンバーとして旧知の多田葉子、関島岳郎、中尾勘二が、 坪川拓史監督映画「美式天然」の劇中音楽録音に参加したことから 多田の呼びかけにより、この3人でのライヴユニットを結成。
以後、小さな店でのライブ活動、ツアーなどマイペースな活動を続ける。

2nd CD「夜明けの行進」 
プチだおん、コロナ禍のニューアルバム。

2011年発表の前作から10年を経て2作目となるCD作品。
「夜明けの行進」は、前作同様その場にいるような小空間の響きにこだわった、
シンプルでストレートな管のアンサンブル。


『夜明けの行進』プチだおん
プチだおん
多田葉子(Alto Sax,Bass Clarinet,+Soprano Sax,Vocal)
中尾勘二(Soprano Sax,Klarinette, Trombone)
関島岳郎(Tuba)

録音・ミックス:関島岳郎
録音:2020年2月 入谷なってるハウス

2,200円
配給:メタカンパニー
MTTB-1102
2021年2月28日発売
ネットでもCDが買えます。→うしがえる商店
  1. 踊らされる男 作曲:多田葉子
  2. 梅雨晴れ 作曲:多田葉子
  3. 13番目の月 improvisation
  4. 畔り 作曲:多田葉子
  5. 八月の日記帳 作詞・作曲:多田葉子
  6. 台湾のおじさん 作曲:中尾勘二
  7. Caminando Despacio 作曲:大原裕
  8. 夜明けの行進 作曲:関島岳郎

<解説>

どこかくだけた味わい、ふと立ち寄ったライヴのような。
歩くスピードで景色が移りゆく曲、ちょっとクスッと笑いが起きるような曲、
一緒に口ずさみたくなるメロディなど、、、
まるで目の前でライヴを聴いているような、親密でゆったりした時の流れそのままのアルバム。
録音は入谷なってるハウスで、2020年2月の2日間、レコーディングライブも合わせて行われた。
おなじみのレパートリーをはじめ即興などランダムに演奏したテイクからピックアップした全8曲。
そして、特筆すべきは、これも味わい深い中尾勘二描き下ろしイラストを大胆に配したカヴァージャケット。
音も絵も、自由気ままに楽しむ、プチだおんの「落書き音楽」。
どうぞお楽しみください。


プチだおん 梅雨晴れ

1st CD「オドラデクのルンバ」

プチだおん:
多田葉子(アルトサックス、バスクラリネット、歌)
中尾勘二(ソプラノサックス、クラリネット、トロンボーン)
関島岳郎(テューバ、リコーダー)

2,100円(ネット特別価格)
またたびレコード MTTB-1101

2011年3月9日発売
  1. やしのみおちたよ (中尾勘二)2:33
  2. ペンギン歩き (多田葉子)4:19
  3. Improvisation #1 1:09
  4. 雲を歩く (関島岳郎)5:31
  5. オドラデクのルンバ (多田葉子)8:09
  6. Improvisation #2 1:29
  7. 南カルフォルニア鉄道 (関島岳郎)5:58
  8. 小さな花 (Sidney Bechet)5:22
  9. 綿と麦 (多田葉子)6:52
  10. PLEVINE MARSI (Turkish Traditional)7:07
  11. Improvisation #3 1:01
  12. 窓 (作詞/作曲 多田葉子)5:52
total time 55:28
ネットでもCDが買えます。→うしがえる商店